読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

“コヴェナント号”に乗っているもうひとりのマイケル・ファスベンダーの名前はウォルター、『エイリアン: コヴェナント』におけるアンドロイド問題。

米国公開日である2017年5月19日(日本では2017年9月)に向けて、リドリー・スコット(Sir Ridley Scott)の『エイリアン: コヴェナント』(Alien: Covenant)プロモーションが加速し出している昨今、でもぼくは本編を観るまで情報を極力遮断するという誓いを立てたので、今後登場する予告編やスチールあるいはストーリーラインに関する事柄には目を瞑る意向である。

 

ただ、本作品に関しては本編のサイドストーリーとして、本編の補足的な映像作品がプロモーションの一環的に公開され続けている。

 

例えば先日このウェブログでも触れている、本編の前日譚的な、コヴェナント号の乗組員による“最後の晩餐”などがそれである。

 

関連記事“RUN”からの“HIDE”、『エイリアン: コヴェナント』の最新ポスター・ヴィジュアルと予告編が公開。


そして再び同様のサイドストーリー映像が公開されたので、取り上げてみたい。予告編ではないようなので、この類の映像には目を通すことにしている。

 

ちなみに本作品のプロモーションの傾向として、予告編に対する予告編を公開して“焦らす”作戦を採っている。つまり予告編やプロモーション映像に対する予告編あるいはティザーを数日前に公開して、何月何日に予告編を公開するぞ!と宣言するのである。まあひとつには公式チャンネルの再生回数を跳ね上げるためなのかもしれないけれど、やや過剰である。

 

さて、今回公開されたのは『Alien: Covenant | Meet Walter』という作品、当然こちらについても先行してティザーがお目見えしたので、まずはそのティザーを、まあもう本編が公開されているので観なくてもいいけれど、一応取り上げておく。

 

 

ちなみに動画公開と同時に関連するポスター・ヴィジュアルも公開されている。

 

Alien: Covenant | Meet Walter

image source : 20th Century Fox (@20thcenturyfox) | Twitter

 

さてでは、今回の動画は何かというと、まあ本編は2分ほどの短い作品なので実際に観ていただくのが一番であるが、すこしだけ説明を加えておく。

 

前作の『プロメテウス』(Prometheus)において、マイケル・ファスベェンダー(Michael Fassbender)が演じるデヴィッドというアンドロイドが登場する。

 

そして引き続き本作品にもデヴィッドは登場すると思うのだが、前作の『プロメテウス』から引き続く物語とは別軸のコヴェナント号の乗組員の中にも、マイケル・ファスベェンダーの姿が見受けられる。これは以前このウェブログでも取り上げた“集合写真”の話の際に少しだけ触れている。詳細が気になる方は、以下の記事にてどうぞ。

 

関連記事ハリウッド映画のプロモーションは集合写真で決まりだね、『エイリアン: コヴェナント』とか『ハン・ソロ・ストーリー』とか『ザ・プレデター』とか。


なんでエリザベス・ショウ役のノオミ・ラパス(Noomi Rapace)と一緒のはずのマイケル・ファスベェンダーがコヴェナント号に乗ってるの?というわけだが、これはおそらく量産型のアンドロイドなので、デヴィッドとは別物の同じタイプのアンドロイドが宇宙船に同乗しているという設定なのだと思う。ストーリー情報を遮断しているので、あくまで個人的な憶測だが、たぶんそうだろう。

 

過去の『エイリアン』シリーズでも、企業絡みの宇宙船には必ず一体アンドロイドが同乗している。

 

ちなみにジェームズ・キャメロン(James Francis Cameron)の『エイリアン2』(Aliens)では、ランス・ヘンリクセン(Lance Henriksen)が演じるランス・ビショップ(Lance Bishop) というアンドロイドが登場しており、このアンドロイドは引き続きデヴィッド・フィンチャー(David Fincher)の『エイリアン3』(Alien³)にも登場するが・・・、もう一体、あっ、この先は実際に本編をご覧頂いたほうがいいだろう。

 

そしてさらに、クロスオーバー作品である『エイリアンVSプレデター』(Alien vs. Predator、AVP)にも、この『エイリアン2』以降のアンドロイド“ビショップ”問題として重要な人物が登場している。もちろんランス・ヘンリクセンが演じている。こちらも詳細を話してしまうと未鑑賞の方の楽しみを損なう可能性があるので、本編でご確認いただきたい。

 

 

『エイリアンVSプレデター』の本編自体は、大しておもしろい作品ではないけれどね。

 

ちなみにリドリー・スコットジェームズ・キャメロンでは、『エイリアン』フランチャイズにおける続編製作に対する思いの方向性がやや違うようではあるが、『エイリアン2』から続くアンドロイド“ビショップ”問題は、カタチを変えて『エイリアン: コヴェナント』にも受け継がれているような気もする。

 

というわけで、今回公開された『Meet Walter』という作品は、おそらくコヴェナント号に同乗しているであろう“ウォルター”という名前のアンドロイドの物語である。

 

では、興味のある方はぜひご覧いただきたい。

 

 

 

 

映画ソーシャルメディアで自分の犯罪行為を放送する孤独な女性、ロバート・モックラー監督の『LIKE ME』。

映画シャーリーズ・セロンが戦ってキスして殺す、超クールなスパイ映画『Atomic Blonde』(アトミック・ブロンド)。

映画韓国産ゾンビ映画『TRAIN TO BUSAN』の前編を描いたゾンビ・アニメーション、ソウル駅前大パニックの『SEOUL STATION』。

映画『ポルターガイスト』の“這い回るステーキ肉”と“虫の湧くフライドチキン”を作ってみよう、ホラーをテーマにしたクッキング番組『THE HOMICIDAL HOMEMAKER』。

映画吸血鬼伝承に魅了された青年を描くモダン・ヴァンパイア・ストーリー、2016年度カンヌ国際映画祭公式セレクション作品『THE TRANSFIGURATION』。

映画超常世界から湧き出る異物たち、謎のファウンド・フッテージ・ホラー『THE DARK TAPES』。

映画2017年の夏に向けて、ホラー映画Tシャツが欲しい。

 

 

月白貉