ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

ホラーな“ピニャータ”で子供の誕生日を不気味にお祝いしよう、手作りホラーの店「ハング・ミー」(Hang Me)。

世界中のクリエイターによるユニークなアイテムの売買が可能なマーケットプレイスEtsy”で、ぼく好みのユニークなお店を発見したので取り上げてみたい。

 

米国オハイオ州クリーブランドを拠点とするサム・カレアル(Sam Kaleal)さんがオーナーの“ハング・ミー”(Hang Me)という名前のお店。

 

お店のメイン・イメージやロゴから察すると、首を絞め上げてとか首吊ってという意味だと思うのだけれど・・・。

 

そしてその店名が示すように、扱っているのは実にポップでホラーで品々。

 

ハング・ミーではホラー映画におけるアイコニックなキャラクターやシーンをテーマにしたハンドメイドなキャンドルやコースターやフォトフレーム、そして“Jiffy Pop”なんかを販売している。(Jiffy Popっていうのはアルミのフライパンに入ったポップコーンのことだよ。)

 

その中でも特に注目したいのは、なんとホラーなピニャータを販売していること。

 

ピニャータというのは日本ではあまり馴染みがないと思うのだけれど、このウェブログでも以前にピニャータの話題に触れているので、ピニャータの詳細は以下からご覧いただきたい。

 

関連記事ぼく“トランプ”がいいよ、と息子にせがまれた母の奮闘を描く『LA MADRE BUENA』。


というわけで、ハング・ミーが取り扱うポップでホラーなピニャータをいくつかご覧いただきたい。

 

ジャームズ・ワン(James Wan)の『ソウ』(Saw)からの一品。作品自体は個人的にはあまり評価していないけれど、この“ジグソウ”というキャラクターはなかなかキャッチーで好きである。

 

 

ティム・バートン(Tim Burton)の『ビートルジュース』 (Beetlejuice)からマイケル・キートン(Michael Keaton)演じるビートルジュース。ハング・ミーのピニャータの特徴は全般的に顔の部分は写真をコピーしたようなものを加工してはっているんじゃないのかなという点、そこがジャンクでよいんだけれど、著作権的に大丈夫なんだろうか・・・。

 

 

ホラー映画と言えば、この三人衆は外せない。『エルム街の悪夢』(A Nightmare on Elm Street)のフレディー・クルーガー、『13日の金曜日』(Friday the 13th)のジェイソン・ボーヒーズ、そして『ハロウィン』(Halloween)のマイケル・マイヤーズ。

 

 

 

 

とまあこんな具合に、なかなか魅力的なピニャータを販売している。さらには欲しいキャラクターをカスタムでオーダーメイドすることも可能だとのこと。 

 

例えば『羊たちの沈黙』(The Silence of the Lambs)のハンニバル・レクターを作ってよとか、『13日の金曜日』でもジェイソンじゃなくてパメラが欲しいよとか、そういう注文も可能なのだと思う。

 

ハング・ミーではこの他にもたくさんのホラーな商品を販売しているので、興味のある方はコチラのお店を覗いてみて頂きたい。

 

ホラー映画好きのお父さんお母さんは、自分の子供の誕生日に、ホラーなピニャータで祝うのも、また一興かもしれないね。

 

hangme

image source : https://www.facebook.com/hangmeofficial/

 

 

 

SAW: THE COMPLETE MOVIE COLLECTION

SAW: THE COMPLETE MOVIE COLLECTION

 
ビートルジュース 20周年記念版 [Blu-ray]

ビートルジュース 20周年記念版 [Blu-ray]

 

 

海外TVドラマ『ツイン・ピークス』の新シーズンを観る前に旧シーズンのBlu-rayを買うなら、絶対に輸入盤がお得だと思う話。

映画ブルース・リーに憧れて“アフガニスタンのブルース・リー”になった男、『The Afghan Bruce Lee』(ザ・アフガン・ブルース・リー)。

映画狼男やら魔女やらヴァンパイアが暴れまくるロシア産吸血鬼映画、エミリス・ヴェリヴィス監督の『Ночные стражи』。

映画ティルダ・スウィントン演じる不気味な科学者、ポン・ジュノ最新作はNETFLIXオリジナル作品『OKJA』。

映画“RUN”からの“HIDE”、『エイリアン: コヴェナント』の最新ポスター・ヴィジュアルと予告編が公開。

映画連続殺人犯が告白した真実とは?ジョエル・モーガン監督の短編ホラー『DEATH SCENES』。

映画6人の患者の恐怖が繋がってゆく、精神病院を舞台にしたホラーアンソロジー『PATIENT SEVEN』。 

 

 

月白貉