読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

バーガーキングの“アダルトミール”、大人向けだって欲しいじゃないか。

ポップカルチャー

マクドナルドのハンバーガーを食べなくなってもう10年近く経つと思う。

 

モスバーガーは今でも稀に食べることがあるけれど、昔に比べてクオリティーがずいぶん落ちたように感じる。東京に住んでいる頃はフレッシュネスとかクア・アイナとかもたまに行ったりした。基本的にハンバーガーってものは好きなのだが、ここ数年外食というものを滅多なことがない限りしないので、ハンバーガーが食べたければ自分で作る。

 

関連記事きみぼくめし - ファーストフードなんかいらない -

関連記事『パルプ・フィクション』の最強メシ、ビッグ・カフナ・バーガーの作り方。

 

一時、ずいぶん昔の話だが、バーガーキングがお気に入りだった頃がある。一回日本からバーガーキングが撤退する前の話である。その頃、確か中野にあったバーガーキングでテイクアウトしたバーガーを、例のお化け屋敷みたいなクラシック喫茶に持ち込んで食べていた思い出がある。あの喫茶はまだあるのだろうか。

 

というわけで、今回はバーガーキングの話題を取り上げたい。

 

マクドナルドやバーガーキングには子供向けの商品がある。ハッピーミールとかキッズミールとかね。しかし大人向けの商品はない、まあもちろん全部が大人向けでもあるから・・・。

 

でも子供向けがあるなら大人向けも欲しいじゃんということで、イスラエルバーガーキングがバレンタインの夜だけ期間限定で「アダルトミール」なるものを販売したらしい。

 

Burger king- valentines adult meal

image source : Burger king- valentines adult meal

 

関連記事みんな大好きハロウィン限定、本当は恐いハッピーセット。

 

その内容は基本的にカップル向けで、ワッパー×2、フレンチフライ×2、ビール2本、ロマンチックでアダルトな玩具付きとなっている。

 

これはレオ・バーネット・イスラエル(Leo Burnett Israel)という広告代理店が企画したものらしい。ちなみにカップル向けのアダルトな玩具は何かといえば、アイマスクと羽の付いたくすぐり棒とヘッドマッサージグッズ、お上品である。パッケージには「18+」と書かれているが、それほど露骨な玩具は付いていない。

 

まあたとえ食欲と性欲が等しいものだとしても、生々しい大人の玩具が付いたバーガーセットなんて売れないだろうし、あまり欲しくないもんね・・・。

 

このアダルトミールが一体どのくらい売れたのかはわからないけれど、まあ企画としてはおもしろいと思う。

 

というわけで、そのちょっとした動画が公開されているので、気になった方はぜひどうぞ。

 

 

 

 

 


月白貉