読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

ママの彼氏はバードマン、優しくも不気味なアニメーション作品『Chez moi』に漂う混沌。

映画

子供の頃、自分の目に映っていた世界って、すっごく混沌としていたはず。でも大人になるとそういうことをなぜか忘れてしまいがち。ぼく自身はけっこうそういうことを引きずったまま生きている気がするけれど、皆さんはいかがだろうか?

 

というわけで、今回は不思議な魅力を持つアニメーション作品を取り上げてみたい。

 

フランスのパリに拠点を置き、アニメーターやディレクターとして様々な作品の制作を手掛けている映像作家Phuong Mai Nguyen(プオン・マイ・グエン)の紡ぎ出した作品。

 

タイトルは『Chez moi』(シェ・モア)、つまり『私の家』って意味、ストーリーラインからすると『ぼくの家』って感じかな。

 

主人公はまだまだ幼い少年でお母さんと二人暮らし。そんなある日、突然、彼のお母さんがボーイフレンドを家に連れて帰ってくる。けれどそれは人間じゃなくて、鳥人間・・・、というお話。

 

Chez moi

image source : Phuong Mai Nguyen on Vimeo

 

なかなかファンタジーではあるのだが、観ていると次第に・・・。

 

興味がある方はぜひにもご覧いただきたい。いろいろな意味でとても魅力的な作品だと、ぼくはそう感じた。そしてすごく女性的な作品でもあると思う。

 

では、どうぞ。

 

 

 

 

注目記事: 『ツイン・ピークス』のオープニングに、例の3人が立っている風景。

注目記事NETFLIX最新作『THE OA』、行方不明の7年間に一体何が起こったのか?

注目記事: 2017年放送予定の新作『ツイン・ピークス』が楽しみで仕方ない、カイル・マクラクランずいぶん年取ったなあ。

注目記事謎の怪人「バイバイマン」の恐怖、決してその名前を口にしてはいけない超常ホラー映画『The Bye Bye Man』。

注目記事ジェットベイターでスピーダー・バイクを再現!デビン・グラハムの『Star Wars - Speeder Bike Jetovator Battle in Real Life! 』。

注目記事: 『ローグ・ワン』とのタイアップ、勇気をだせ!キャンペーン実施中。 #CreateCourage -

注目記事: スラッシャー映画にルーキー登場、狂犬のような殺人鬼『ピッチフォーク』(Pitchfork)の真夏の悪夢。

 

 

月白貉