読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

桑畑三十郎が飲んでいる赤ワインには、ジビエなつまみが合う蜃気楼日記。

もうこれ以上酸素が吸えないと思うところから、冒険がはじまるのさ。

 

我に近寄らば呪われる、そんなくらいが、ちょうどいい。はい、ちょうどいい。我が呪いを甘んじるものは、近付きたまえ。

 

なんだかふと思ったが、ぼくは50歳くらいになったら、大きなバックパックひとつ背負って、旅に出るんじゃないだろうか。そしてそのまま、何十年も旅を続けて、いつか前人未到の地で昇天するんじゃなかろうか。未知の遺跡とか見つけてさ、中には太古に飛来した宇宙船とかあって。楽しそうだなあ。

 

きょうの教訓:思いのほかくだらない努力が、真実への扉となる。

 

ジャンクな赤ワインを飲みながら、スウェーデンが舞台の映画と黒澤明の『用心棒』を観る。ジビエなつまみで美味しい赤ワインが飲みたい。嗚呼、飲みたい。

 

桑畑三十郎が飲んでいる赤ワインには、ジビエなつまみが合う蜃気楼日記。

 

今日の朝起きたら、どうも左手の中指先がすごく痛いので、じっくり見てみた。縦にざっくり切れている・・・。こんな怪我いつしたんだっけなあ。記憶がない。きのう眠る前までこんな傷なかったのに。なんだかホラーな予感だ。夢遊病か・・・。

 

ラーメンとかラーメンとか、ラーメンとかいっぱい頭の中に出てくる。ラーメン食べたくなるなあ。この刹那、ラーメンたべたい、小池さん。

 

おうち帰ってきて、頭の中がごちゃごちゃな中、鶏肉ときのこを赤ワインで煮込む。雑念があると、料理はうまく作れない。気がつくと、きのこが天井に張り付いていたり、鶏肉がズボンの左ポケットに入っていたり、ワインをそっと浴槽に注いでいたり。それでもいつしか、鍋の中には、赤ワインで煮込まれた鶏ときのこがあるのだよ。

 

サウイフモノニワタシハナリタイ

 

完璧なものを求めすぎていた。現在進行形、完璧なものを求めすぎている。いろんなものを捨て去った日から、ずいぶんその傾向は和らいだけれど、いまでもその気質は拭いきれない。和らいでるわけじゃないんだ、おさえる術を手に入れたんだ。おそらく一生、つきまとうだろう。

 

ほっかほっか亭でお弁当買って海みたいな湖をみにゆく。湖で出会ったおばあちゃんに、「弁当駆けですか。」って言われる。

 

ベントウガケデス。

 

湖の向こうの蜃気楼のような街をみながら、ベントウガケデス。いろいろ悩みすぎて、きのうはすっごく久しぶりによく眠ることが出来なかった。でもけっきょく最初からぼくは決めているのさ。たとえそれが苦痛を伴う判断であったとしても、思いついた時点でもう決めちゃっている。そういう性分なのだった。だからずっと歩いてこられたんだ。

 

朝起きてすぐに、やっぱり自分に嘘はつけずに、もう動いていた。家に帰ってきて、牛乳を飲んだ。少しだけ気が重い。間違うことなんてたくさんある。けれど間違った道でも、そこを切り開いて進んでゆく力がぼくにはあると信じている。

 

雨の音は聞こえども、暗闇にその雨粒はみえず。

 

おやすみなさい。

 

 

 

用心棒 [Blu-ray]

用心棒 [Blu-ray]

 
猟師食堂

猟師食堂

 

 


月白貉