読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

11.13 TOKYOの予告通り、『Ghost in the Shell』(攻殻機動隊)約2分間の予告編公開。

たびたびこのウェブログで触れているルパート・サンダース(Rupert Sanders)監督による映画『Ghost in the Shell』(攻殻機動隊)、先行して公開された短いティザーに記された予告通り、ついに予告編の本編とも言うべきものが公開された。

 

Ghost in the Shell

image source : Paramount Pictures - YouTube

 

過去の関連記事は以下にて、興味のある方はお読みいただきたい。

 

関連記事「今まで作られた"攻殻"の中で一番ゴージャス」と語る押井守、『Ghost in the Shell』(攻殻機動隊)の最新プロモーション映像。

関連記事撮影現場の映像には押井守の姿も!『GHOST IN THE SHELL』(攻殻機動隊)の最新映像&出演者インタビュー。

関連記事『GHOST IN THE SHELL』(攻殻機動隊)の新たなるティザー公開、押井守版アニメと同様のシーンが登場。

関連記事これマジで大丈夫なのか!?『攻殻機動隊』実写版、混迷のティザーついに公開! - 『Ghost In The Shell』 -

 

まずは、予告編をご覧いただこう。

 

 

約2分程の予告編を鑑賞しての率直な感想であるが、前述の過去の記事の中で言及しているプロモーション映像に登場した押井守の存在で、一度は光が見えかけたと感じた矢先、やはり残念な仕上がりなのではないのかと思うに至る。

 

その大きな理由のひとつは、こういったジャンルの映画の予告編には必須だと思われるスピード感と迫力がまったく感じられない。 

 

あるいはそれは予告編の仕上がりの問題なのかもしれない。

 

予告編を観て残念だった映画が、本編は素晴らしかったというケースもある。当然その逆もしかりだが。

 

ただ、そもそも本編のシーンの力量を、つまり本編のスピードと迫力を凝縮して制作するのが予告編のセオリーのひとつではあるから、だとすれば、ということになるだろう。

 

もう一度観返してみたが、予告編だけに関して言えば、つまらない予告編である。先行して小出しに公開した短いティザーが逆効果になっている感もある。この本予告編で初めて、荒巻大輔を演じる北野武が出てきたら「お!」となるかもしれないし、光学迷彩状態の草薙素子の格闘シーンもここで初めて出てきたら「わお!」となるかもしれない。それってプロモーションとして決定的に順番間違えちゃってる気がするのは、ぼくだけだろうか。

 

とまあそんなわけで、予告編の後半に『ストリートファイターII』のダルシムみたいな坊さんも出てきてるし、なんだか大量のゾンビ的なものに囲まれているシーンも出てくるし・・・、改めて、大丈夫なのか・・・?というのが、正直な感想である。

 

みなさんは、どのように感じただろうか。

 

最後に、本予告編とは別に、冒頭に少佐こと草薙素子を演じるスカーレット・ヨハンソンScarlett Johansson)のコメント付き予告編も公開されているので、最後に取り上げておく、ちなみにコメントが付いている以外は、おそらくほぼ同じ内容である。

 

 

近所のおばさんみたいな普通の格好でコメントしちゃってるよ、そこはどう考えても劇中の草薙素子として、何か言ってもらえばよかったのに・・・。

 

 

 

イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]
 

 

 

月白貉