ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

『ヘルボーイ』のロン・パールマンが、2020年の大統領選挙に立候補することを宣言。

日本時間の2016年11月9日、メディアの大半とヒラリー・クリントン側にある著名なセレブたちの予想に反して、ドナルド・トランプは次期アメリカ合衆国大統領へのチケットを手にした。

 

多くの人々が、今この瞬間嘆き叫び、すでにあらゆる場所でデモなどが巻き起こっている。

 

アメリカ合衆国からカナダへの移住をサポートしているカナダ移民局のウェブサイトが、アクセスの集中でダウンしたという話を聞いた。

 

もちろんソーシャルメディア上にも多くの不満や批判の声が溢れかえっている。

 

そして、ドナルド・トランプの大統領就任後に、いったいどんな未来が待ち受けているのだろうか。

 

ぼくの周囲にいるひとりの老人は溜め息をついて、「ああ・・・、これでまた、戦争が始まるよ・・・。」とつぶやいていた。

 

そんな中、あるひとりの俳優が、2020年のアメリカ合衆国大統領選挙に立候補すると、自らのFacebookで宣言した。

 

ギレルモ・デル・トロジャン=ピエール・ジュネの作品でも常連となっている、ロン・パールマン(Ron Perlman, 本名: Ronald Francis Perlman)その人である。

 

 

https://www.facebook.com/perlmutations/

 

ロン・パールマンと言えば、ぼく個人的にはやはり『薔薇の名前』(Der Name der Rose)のサルヴァトーレ役の印象が強烈であるが、その後も多くの映画に出演している、あのインパクのある風貌と190cmという巨体を誇る、実力派の俳優である。

 

f:id:geppakumujina:20161110082051j:plain

image source : Hellboy (2004) - IMDb

 

まあその真意の程は定かではないが、たとえジョークだとしても、胸に手を当てたその表情が、現在の心境の多くを物語っているだろう。

 

2020年までの4年間、いったいこの世界は、どんなことになるのだろうか。

 

というわけで、そんなロン・パールマンに二票を投ずる、愛と平和を込めて。

 

 

 

ロスト・チルドレン [Blu-ray]

ロスト・チルドレン [Blu-ray]

 

 

 

月白貉