読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

犯罪都市デトロイトで、走行中の市営バスにピエロの襲来。

ここ数日、日本でも、アメリカでの不気味なピエロ目撃の話題がニュースなどであがってきているらしい。

 

YouTubeにアップされている「ピエロ目撃動画」もグンと数を増しているように思う。

 

そんな中、アメリカ、ミシガン州デトロイトで、市内を走る市営バスの背後にしがみついている不気味なピエロが目撃され、並走する車の運転手に撮影されている。そしてその模様がYouTubeにアップされている。

 

犯罪都市デトロイトで、走行中の市営バスにピエロの襲来。

 

デトロイト市交通局(Detroit Department of Transportation、略してDDOT)はこの動画を受けて、「it’s not entertained.」(笑い事じゃないよ)と発表している。

 

 “The safety of our riders is DDOT’s number one priority and that is why we have significantly increased our Transit Police presence and have installed surveillance cameras inside and outside of all our DDOT coaches,”

 

「DDOTにとっては、乗客の安全が最優先事項だ」と言っている、そりゃそうである。

 

 “We have forwarded the video to the Detroit Police Department for review.”

 

「この映像をデトロイト市警察にみせるよ」といわけである、そりゃそうである。

 

デトロイト市警察と言えば、ぼくはあの『ビバリーヒルズ・コップ』(Beverly Hills Cop)がまず頭に思い浮かぶ。エディ・マーフィーが演じていた若手刑事アクセル・フォーリーは、まだ健在なのだろうか。最近、エディー・マーフィーは何やってるんだろうか。ちょっと前にヴァンパイア映画に出演していたっぽいけれど・・・。

 

ビバリーヒルズ・コップ

 

それはさておき、その動画がこれである。

 

 

一ヶ月以上前に兆候を示しだしたこの不気味なピエロの目撃現象、ハロウィンに向けて急速に拡大しており、もはや海外にまで感染していることは、みなさんもよく知るところだと思う。ハロウィン当日及びその前後など、薄々嫌な予感がしているのは、果たしてぼくだけだろうか・・・。

 

ひどい事件などおこらなければよいが・・・。

 

そして、日本でもこの話題が取り上げられだしたということは、すでに感染している可能性が高い。すぐ飽きるくせに瞬間的には無駄に悪乗りする日本人のことだから、確実にこのピエロを模倣しだす人々が出てくると思う・・・、とくにハロウィンの当日などは完全に危ない。

 

ハロウィン当日前後、まあコスプレして楽しむことには大して異議はないが、不気味なピエロや、ピエロの集団なんかを見たらお気を付けください。

 

家でこっそりパンプキンパイなんか食べて楽しむハロウィンの夜を、ぼく自身は強くおすすめする。

 

というわけで、このウェブログには、この他にもピエロに関する記事が人目に触れずに埋もれているので、もし興味がある方は、ページの一番下にあるブログ内検索で「ピエロ」と入力して検索してみてね。

 

関連記事:不気味なピエロの目撃が、アメリカで相次いで発生しているそうです。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

関連記事:ジョニー・デップが持っている、不気味なピエロの絵画の話。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

関連記事:米国ピエロ事件続報、Instagramに投稿された恐怖。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

 

ビバリーヒルズ・コップ [Blu-ray]

ビバリーヒルズ・コップ [Blu-ray]

 
ビバリーヒルズ・コップ2 [Blu-ray]

ビバリーヒルズ・コップ2 [Blu-ray]

 

 

 

 

 

月白貉