ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

レゴ社製デス・スターの全貌と、その建造現場の極秘映像。 -『スター・ウォーズ』(Star Wars)-

まだ若かりし頃、レゴ・ブロックでよく遊んでいた記憶があるのだが、大人になってからとあるデパートのおもちゃ売り場でレゴ・ブロックをよくよく眺めてみたら、ぼくが遊んでいたのは、あれはレゴ社製のレゴ・ブロックではなくて、類似品だったような気がしてきて、愕然としたと共に、暗い気分になった。

 

皆さんは、本物のレゴ・ブロックで遊んでましたか?

 

ちなみに最近ではあのレゴブロックのことを「レゴ!レゴ!」と叫んでいる人が多いが、あれはあくまで「レゴ・ブロック」であって、「レゴ」というのは社名ですよと、レゴ社が公式に「レゴ・ブロック」と叫ぶことを推奨している。

 

詳細は以下の「よく遊べ」の記事に詳しいので、レゴ好きな方はお読みいただきたい。

 

 

さて、そのレゴブロックで、なんと、かの『スター・ウォーズ』(Star Wars)に登場する銀河帝国のバトル・ステーション兼最終最強兵器、「デス・スター」セットが発売されていることをご存知だろうか!!!

 

レゴ Star Wars DEATH STAR - スター・ウォーズ デス・スター

 

2016年12月16日、この年末まさに全世界同時公開となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)の中で、この物語の核として語られているデス・スターが、ご自宅で、しかもレゴ・ブロックを使って建造可能なのである!

 

ちなみに実際のデス・スターは熱帯惑星スカリフにおいて、只今絶賛建造中である。

 

さて、このレゴ社製デス・スターの仕様、以下にざっとご紹介するが、これが豪華過ぎて、ものすごい。もはやクレイジーでさえある。

 

 

まず4,000ピース超え、なかなかのブロック数である。なぜならこのレゴ・ブロック・デス・スター、実際のデス・スター内部とほぼ同環境を再現しているからなのである。

 

スーパーレーザー制御室、インペリアル会議室、宇宙船格納庫ベイと発車ラック、ベイダー卿専用TIEファイター格納庫ベイ、パルパティーン皇帝の玉座の間、ドロイドのメンテナンスルーム、拘留ブロック、ゴミ圧縮機、トラクタービーム、貨物エリア、デス・スター・ガンナー2人体制の2可動ターボレーザー塔などなど、もはや実際のデス・スターそのもの。映画のワン・シーンどころか、すべてを再現できる内部構造になっている。

 

そしてもちろん『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(Star Wars Episode IV A New Hope)のクライマックスで、ベイダー卿が搭乗していたあのダース・ベイダー専用TIEファイター(TIE改良型x1プロトタイプ、あるいはアドヴァンストx1)も付属!

 

レゴ Star Wars DEATH STAR - スター・ウォーズ デス・スター

 

それに加えてなんと23体のミニ・フィギュアまでも付属している。

 

グランド・モフ・ウィルハフ・ターキン、ダース・ベイダーパルパティーン皇帝、インペリアル・ネイビー・オフィサー(帝国海軍将校?)、インペリアル・オフィサー(帝国軍将校、事務職かな)、ストームトルーパー(2体)、デス・スター・トルーパー(2体)、皇帝の親衛隊あるいはインペリアル・ガード(2体)、デス・スターガンナー(2体)、デス・スタードロイド、オビ=ワン・ケノービ、チューバッカ、レイア・オーガナ、C-3POハン・ソロ(通常)、 ハン・ソロ(ストームトルーパー)、 ルーク・スカイウォーカー(タトゥイーン)、ルーク・スカイウォーカー(ストームトルーパー)、ルーク・スカイウォーカージェダイ・ナイト)、R2-D2、インペリアル・アストロメク・ドロイド(R2-Q5)、さらになんと、あのダイアノーガ(ゴミ圧縮室のクリーチャー)まで付属している!

 

この時点でスター・ウォーズ愛好家は、泡を吹いて気絶したと思うが、じつは本題はこれから。なんとのこレゴ社製デス・スターの建造過程を、リアルタイムで極秘裏に撮影した映像の入手に成功したのである。

 

では以下、じっくりご覧いただきたい。今後のデス・スター攻略の為に、設計図と共に必須の情報となるに違いない。

 

 

いかがであろうか、この映像を観ただけで、もう今日の仕事は全て終わったようなものである。

 

明日からのデス・スター設計図強奪作戦決行と、その後のデス・スター破壊作戦に向けて、十分に鋭気を養うために、もう就寝していただきたい。

 

諸君および我々の健闘を祈る、フォースと共にあらんことを。

 

May the Force be with us !

 

あっ、そういえばこのウェブログには他にも『スター・ウォーズ』に塗れた記事が埋もれているので、もし気になって仕方がないスター・ウォーズ愛好家のあなたは、トップページの一番下にあるブログ内検索で「スター・ウォーズ」と入力して探してみてね。

 

では、そんなあなたに改めて、May the Force be with you !

 

 

 

 

 

月白貉