ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

濁流フォーティアン

毎日見下ろす小さな川、雨が降ると濁流と化す。

 

いつもはちっちゃい魚たちがぴぃんぴぃんいって泳いでいるが、きょうはまったくいない。濁流がすべてどこかへ連れていっちゃったのだろうか。

 

連れていかれた魚たちはどうやって戻ってくるんだろう。それとも、もう二度と戻って来られないんだろうか。

 

むかし、チャールズ・フォートという人が、不可思議な現象を収集して、いろいろと考察して本にしていた。その中に確か、空から雨のように魚が降ってくるというものがあった。

 

魚たちがこの川に戻ってくる方法、たぶんそれだろう。

 

あの川沿いで、夜中に待ってたら、きっと空から魚が降ってきて、もとの川に戻るんだ。

 

その瞬間を見てみたい。

 

濁流フォーティアン

 

 

 

 

月白貉