ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

携帯電話ラプソディ

きのうは夜中にすっごい長電話をしてしまった。

 

電話を切ってから、布団に横になってしばらく、初めて携帯電話をもった時のことをふと思い出した。

 

アンテナをピュ〜ンって伸ばすタイプのやつだった。

 

くだらないことや、くだらなくないことで、毎日毎日長電話をしちゃって、請求金額がえらいことになって、携帯電話なんか持たなければいいじゃん!と思って解約した。しばらくの間は携帯電話なんて持っていなかった。なかったらなかったでどうにでもなる道具だと思った。友だちからは、「まったくつかまらないから携帯持てよ!」って言われたけど、何でお前たちの都合で携帯電話なんか持たなきゃいけないんだ、バカか!って思ったり言ったりして持たなかった。

 

でも当時好きだった女の子に、「携帯電話持とうよ!」みたいなこと言われて、あっさりその日に携帯電話を契約しにいった。

 

携帯電話なんて、けっきょくそんな程度のものだ。

 

携帯電話ラプソディ

 

 

 

 

月白貉