ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

新宿アンダスタンディング

きょう、たくさんの人の話を聞いた。

 

人の話を真剣に聞くって機会は、実はなかなかないものだ。

 

たくさんの人の話を聞き終えて、ふとため息をついて、いろいろと考えた。

 

百人いれば百人違う考え方がある。百人違う言葉を持っている。その言葉の本質的な部分には、誰かには理解することが出来ない核も当然含まれている。

 

その未知の核を少し齧って噛み砕いて、自分の舌でちょっと味わってみたくらいでは、彼らの言わんとする本当の意味なんてわかるはずはない。だから果たしてぼくがどれだけ彼らの話を理解できたのかということを思うと、なんだか少し泣きそうになった。

 

誰かの話を聞き、理解するということは、あるいはまったくの不可能に近いんじゃないだろうか。

 

だから世界は、争いに満ち溢れているんじゃないだろうか。

 

もし誰かが他の誰かの言葉を、他の誰かの話を、曇りなく完全に理解することができたなら、戦争はなくなるはずだ。 

 

そういえばきのう、早朝の新宿をさまようホームレスのおじさんが、新宿駅前で絶叫していた。

 

「自分自身が発している言葉の意味も理解してねえのに、おれがそのお前の言っていることなんか理解できるわけがねえだろうが、ばかやろうが、ふざけるんじゃねえぞ!!」

 

あれは、もしかしたら、ぼくに言っていたのかもしれない。

 

新宿アンダスタンディング

 

 

 

 

月白貉