ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

雨空グランドマザー

まだおなかはすかないけれど、歌を歌いながら夕ごはんの支度をしよう。

 

水色の歌を歌おう、カエルが好んで歌うような、水色の歌を。

 

きのう実家の庭では、雨を喜んでたくさんのカエルが鳴いていた。父に、「庭にいっぱいカエルがいるんだね。」と言うと、「ああそうなんだよ、なんだか知らないけれど、いっぱいいるんだよ。」と言って、雨空を仰いだ。父が仰いだ視線の先には、祖母が楽しそうに飛んでいた。灰色の雲を大きな筆でかき消しながら、縦横無尽に飛び回っていた。

 

そしてその一時だけ、雨がピタリと降り止んだ。

 

雨空グランドマザー

 

 

 

 

月白貉