ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

目白スクリーム

シャワーを浴びながら思った。

 

死ぬって何だろう。

 

みんな死ぬのに、小学校では習わなかった。

 

いろんなところから、キリキリ虫の鳴き声が聞こえる。

 

エアコンの吹き出し口から聞こえる気がするし、窓枠の隙間から聞こえる気もする。蝉はもうほとんどが死に絶えて、その死体がカラカラになって流れているから、あれは蝉じゃない声だ。

 

キリキリいう。

 

枕の下かもしれないし、プリンタのインクジェットの中かもしれない。キリキリ。虫も季節も、青も赤も緑も、蝉も、死も、すぐそこにあって、ずっとぼくを見ている。

 

だから時々、ああ、そうだな、と歌う。

 

目白スクリーム

 

 

 

 

月白貉