ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

目白ブルースカイ

もう夜の6時なのに、空はまだ明るく青く。

 

ぼくはこの部屋から眺める空が好きだ。

 

この窓から眺める空が好きだ。

 

何度も写真や映像に、この感覚をおさめようとしたけれど、到底出来なかった。この感覚を知っているのは、ぼくと、おそらくはもうひとりだけ。

 

何の変哲もないものを、ただ何の変哲もなく素晴らしいと思うこと。

 

ぼくが見た空を、きみは知っているはず。誰も知らない空だってことを、知っているはずだよ。時々、雲に覆われ。時々、鳥が横切り、雪が降り。でもたいていは、青く突き抜ける空。

 

ぼくは、いまは、ずっとただそれだけを眺めて、息を詰まらせる。

 

詰まった息が吐き出せなくとも、空が青ければ、それでもいいと。

 

もう夜の6時15分なのに、いまだ空は、なお明るく青く。

 

目白ブルースカイ

 

 

 

 

月白貉