ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

中目黒ドリーミー

おかしな夢を見て、まだ暗い早朝に目が覚めたので、散歩に出かけてみる。

 

朝六時台にも関わらず山手線が鮨詰めの東京。

 

冬の朝は気持ちがいい、太陽の光と冷えた空気と蜘蛛の巣にあふれている。

 

めっぽうやたらと写真を撮りながら見知らぬ街をあてもなく歩く。

 

おじいちゃんが営む小さなパン屋で、メンチカツパンとサラダパンを買う。メンチカツパンがおいしい店は、たいてい何でもおいしい。サラダパンにはポテトサラダとゆで卵がいる。

 

歯が抜ける夢を見るときは、何かが成長する兆しだと教えてもらう。じゃあ、歯なんか全部抜け落ちてしまえばいいと思う。本当は怖いからいやだ。今日の朝は楽しい。朝が楽しい日は、一日中楽しいに決まっている。

 

だってもしそうじゃなければ、この世界に救いなんてない。

 

歯抜けのじいさんもばあさんも、後ろ足が二本の猫も、ケチャップが緑色のホットドックもない。

 

どうか今日一日、歯が抜けませんように。

 

そして夢では歯抜けになりますように。

 

中目黒ドリーミー

 

 

 

 

月白貉