ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

地下水

真っ暗な水の中にぼくはいた。

 

本当に真っ暗すぎて、暗いということもよくわからなかった。

 

永い眠りから覚めたばかりで、まだ目を閉じたままだと思っていたら、すでにぼくの目は開かれていて、真っ暗を見ていた。目を瞑っていた時と変わらない真っ暗。じゃあ、目を瞑っていたままでもよかったでしょ。

 

真っ暗な足下から、ゴボゴボゴボと音をたて、ぼくの体をなめてゆく柔らかな感触。大きなものや小さなものやたくさんいる気がする。まだその姿はよく見えない。けれど、その無数の柔らかな感触は、どんどん上へとのぼってゆく。その先に何があるのか、ぼくは気になって仕方がない。

 

ぼくも上へゆこう。

 

 

 

ソハの地下水道 [DVD]

ソハの地下水道 [DVD]

 
地下水水質の基礎―名水から地下水汚染まで

地下水水質の基礎―名水から地下水汚染まで

 
地下水道 undercurrent

地下水道 undercurrent

 
地下水路の夜

地下水路の夜

 

 

 

 

 

 

 

月白貉