ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

モリクマ

「いちど、おおきな森にでもお住みなさい。そうすればきっと、もっとゆたかになります。」

 

クマは言いました。

 

いつものように、公園のシーソーの片側に座っているクマに会釈をすると、クマも軽く会釈をして、ぼくのところまでゆっくりと歩いてきました。

 

「つかぬことを伺いますが、どこかおからだの加減でも悪くされましたか?」

 

「いえ、そんなことはないです。ただ、最近ちょっと気分的にというか、精神的に疲れているようで。」

 

「病は気からと、先人は言っております。」

 

クマは空を仰ぎ見て何かを指差しましたが、ぼくにはそれがなんなのかはわかりませんでした。

 

「何か気持ちの疲れをとるよい方法がありますか?」

 

「いちど、おおきな森にでもお住みなさい。そうすればきっと、もっとゆたかになります。」

 

「ゆたかになりますか?」

 

「ええ、もちろんです。違う味の蜂蜜のどちらから食べようかと悩むことくらいしか、悩みは無くなります。」

 

「森はさみしくありませんか?」

 

「ええ、もちろんさみしいです。さみしいときは、さみしいのですよ。そして、たのしいときはたのしいのです。それが森です。」

 

「それが森ですか。」

 

「ええ、もちろんそれが森です。」

 

そう言って、クマはまた空にある何かを指差しました。

 

今のぼくには、その指差す先にある何かをまだ見ることができないのでした。 

 

https://www.instagram.com/p/-ihVp8AP-HkoKKj1AWJoYmXF4eqo_gcyF-wL40/

 

 

 

ウォールデン 森の生活

ウォールデン 森の生活

 
森の生活 [DVD]

森の生活 [DVD]

 
カティンの森 [DVD]

カティンの森 [DVD]

 

 

 

月白貉