ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

蛙神

きょうも朝からせっせと弁当を作り、日課の散歩へと向かう。

 

小生が毎日通う塚の頂上には、なにやら小さな石造りの祠のようなものがずんと佇んでいる。ちょうど巨大なにぎりめしのような容のその祠には、前面に青銅のような素材で作られた扉が付いており、その扉は封印の札のようなものと、これまた青銅のような鎖でがっちりと閉じられている。

 

数日前に近所の豆腐屋の女主人との世間話の中で、ふとその塚にある祠のことを尋ねてみると、

 

「あぁ・・、あのほこらけはぁ。あのほこらはさ、かえるがみさふうじこめてるでさは。」

 

しばし彼女の話に耳を傾けていると、塚にある祠のぼんやりとした輪郭が浮かび上がってくる。

 

なんでも小生の家の裏にある池には、「蛙神」という言い伝えがあるという。

 

大昔、池には蛙神と呼ばれる神様が住んでいた。

 

蛙神は風と雷を司る巨大な蛙のような風貌をした神様で、その池の主でもあった。しかしある日、この地に現れた二匹の化け物にその力を奪われ、あの祠に封印されてしまう。二匹の化け物は奪った力をそれぞれ分け合い、後に神にまでのし上がる。現在、「風神」そして「雷神」と呼ばれている二人の神がそれである。

 

「あのほこらさは、さわったらいけんど。かえるがみさはでてきっとったらさは、ふうじんとらいじんといくさになっちまうっさっは。」

 

さわりだけ聞いても、とても興味深い祠である。

 

すると小生が見つけたあのかえる草は、その言い伝えと何か関係があるやもしれぬ。

 

 

 

リボルテックタケヤ009 風神 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

リボルテックタケヤ009 風神 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

 
リボルテックタケヤ010 雷神 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

リボルテックタケヤ010 雷神 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

 

 

 

 

月白貉