ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

猫の役割

夜は、猫がこっそり歩く音くらいしか、聞こえてこない。

 

だから猫は、もっと聞こえないように、いまよりもっとこっそりと歩くようになる。

 

そしていつか、足が透明になって、ふわふわ浮かんで、くるくるまわって、空に飛んでゆくと思っていると、軽くなったはずの足は、今度は反対にどんどん重くなって、キンキンと音をたてながら、溶けたコンクリートの中にずぶずぶ沈んで、そして地の底のシャンバラにたどり着く。

 

そこで季節を教えてもらって、冬の前になると地中から飛び出して、銀杏の樹に寄生している、ギンナンバシリを頭にのせるんだ。

 

それがいつだって冬の始まりの光景。

 

誰も知らない猫の役割。

 

イチョウ 奇跡の2億年史: 生き残った最古の樹木の物語

イチョウ 奇跡の2億年史: 生き残った最古の樹木の物語

 
いちょうの実 (ミキハウスの宮沢賢治の絵本)

いちょうの実 (ミキハウスの宮沢賢治の絵本)

 

 

 

 

 

 

 

 

月白貉