ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

耳なしコールセンター

きょう、とある申し込みのために受付のコールセンターに電話をしたのだが、

 

「おまえ、ふざけてるんじゃないだろうな!」

 

というくらい、人の言うことを間違って復唱する担当者だった。

 

耳なしコールセンター

 

念のため書いておくが、ぼくの滑舌や発音は一定のレベル以上には、はっきりしていると思う。住所を言っても間違って復唱するし、ひどいことに名前を言っても間違って復唱する。そして間違え方がちょっとの聞き間違いのレベルを超えていて、それを一度ではなく、二度三度間違うのだ。

 

まあなんとか怒ることなく声を荒げることもなく、我慢して何度も何度も、より滑舌よく、よりはっきりと言いなおしたのだが、

 

挙げ句の果てには、こちらが訂正するごとに明らかにイラついた雰囲気を醸し出す始末。ちゃんと聞き取れないなら、そこで働く能力値としてまったく成り立たないだろ、やめてしまえ。

 

ほんとうに腹が立った。何がいちばん腹が立ったかというと、

 

「はっ??なんですか??」

 

って何度も言われたことに腹が立った。

 

それはこっちの台詞だ。

 

 

 

「伝説」はなぜ生まれたか

「伝説」はなぜ生まれたか

 
ワン・ミス・コール DTSスペシャル・エディション [DVD]

ワン・ミス・コール DTSスペシャル・エディション [DVD]

 

 

 

 

月白貉