ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

美化語マニュアル

飛行機の中でスチュワーデスにサービスドリンクの種類を聞かれたので、りんごジュースを頼んだら、

 

「はい、おジュースでございますね。」

 

って言われた。

 

「おジュース」かあ・・・、まあ聞くフレーズではあるけれど。

 

前から思っているが、 カタカナに「お」をつけるのって許容範囲がよくわからん。

 

「おビール」やら「おコーヒー」やら、外来語に「お」を付けるのはそもそも用法としては間違っているとは思うのだが、

 

ぼくの隣に座る人がコンソメスープを頼んだら、

 

「はい、スープでございますね。」

 

って言われてた。

 

あれっ、『はい、おコンソメのおスープでございますね。』じゃないんだ。

 

用法の間違いはさておいて、「お」を付けるなら徹底して欲しい。

 

美化語マニュアル

 

 

 

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?

 
続弾!問題な日本語―何が気になる?どうして気になる?

続弾!問題な日本語―何が気になる?どうして気になる?

 

 

 

 

月白貉