読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

対岸 - パラケルススの庭

『対岸』

 

友だちと葡萄酒をしこたま飲んで酔っ払って、その勢いで真夜中の湖に繰り出した。

 

真っ暗闇の湖の向こうに、ぼんやりとした光がちらついているのが見えた。「対岸に灯りが付いているね、これだったらあそこまで泳いでゆけるさ。」と背後から聞こえてきた友だちの声に振り返ると、そこにはただ暗闇が広がるばかりで、友だちの姿は見えなかった。

 

「お〜い、どこにいるんだよ?」とぼくが声をかけると、ずっと遠くの方から小さな声が聞こえてきた。

 

「いつだってきみは後ろばかり振り返るね、ぼくがずっとずっといつまでも、きみの後ろにいるとでも思っているのかい、ぼくはもう対岸にいるよ。」

 

対岸 - パラケルススの庭

 

 

 

対岸の君

対岸の君

 

 

 

月白貉