ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

シロイボカサタケ(Entoloma album)- 松江城マッシュルームマップ 

日本におけるきのこの種類は四千とも五千とも言われているが、実際のところ正確な数は不明である。

 

松江城内できのこを探し始めて数ヶ月、ぼくが目にしたキノコだけでも、おそらく百種類は軽くこえるのではないかと思う。

 

日々きのこの文献と格闘しながら種類の判別を進めてはいるが、はっきりいってなかなか困難であり、悪戦苦闘中。ただその悪戦苦闘具合がなんとも楽しくて仕方のない日々である。

 

そんなこんなで、比較的判別が簡単であった今回のハンティングきのこ、「シロイボカサタケ」である。

 

松江マッシュルームマップ - シロイボカサタケ -

 

イッポンシメジ科イッポンシメジ属のきのこで、学名を「Entoloma album」、漢字で書くと「白疣傘茸」である。

 

カサの形状は円錐形から鐘形をしており、全体が黄白色を呈している。特徴はそのカサの中心に乳首の如き疣を有している部分であるが、成長度によってその疣が判別不能の場合もある。

 

このシロイボカサタケはキイボカサタケの白色亜種だとか白色変種だとか言われており、キイボカサタケと同種判断がくだされいる文献もある。アルビノということであろうか。

 

ぼくの使っている年代物の文献には食毒不明と書かれているが、このきのこにはムスカリンが含まれているため、大量に食べると神経系の中毒症状が現れる恐れがある。

 

白色でカサの中央に突起がある造形は、なんとなく女性の乳房を思わせるので、つい口にふくみたくなる人もいるのではないだろうかと思うのだが、その際には十分注意していただきたい一品である。

 

ちなみにぼくは乳房に似ているきのこが生えていても口にふくんだり無闇矢鱈と触ったりしないのであしからず。

 

昔はその色や形で毒があるかどうかが判断できるなどという俗信がまかり通っていたが、きのこをいろいろ調べてみると、結局毒を有しているきのこは、美味しそうなきのこのような気がする。

 

嗚呼恐ろしや毒きのこ。

 

でも毒きのこのほうが味は美味しい説が有力ではある。

 

 

 

BREASTS 乳房抄/写真篇

BREASTS 乳房抄/写真篇

 
図説 乳房全書

図説 乳房全書

 

 

 

 

月白貉