読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

スタジオジブリ作品の北米版Blu-rayは、本国だと1500円くらいだしジャケットもかっこいい。

スタジオジブリ、特に宮﨑駿作品のDVDをほぼ全部持っているのだけれど、つい先日『となりのトトロ』(My Neighbor Totoro)が観たくなって棚を探したらどこにも見当たらなかった。ちなみに他の作品はちゃんとあるんだろうか?と不安に思ってすべて探してみた…

S・キューブリック監督の『シャイニング』をクレイジーに“リミックス”した短編映画、『THE CHICKENING』の世界へようこそ。

ぼくの大好きな映画のひとつに、スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)の『シャイニング』(The Shining)がある。 ご存じの方も多いと思うが、これは1980年に制作された作品で、マスター・オブ・ホラーとも呼ばれるアメリカのモダン・ホラー小説家…

“マッドマックス“的に荒廃した世界で戦う、チャック・ハンクとサンディエゴ兄弟の物語『CHUCK HANK AND THE SAN DIEGO TWINS』。

アメリカの映画監督エバン・グローデル(Evan Glodell)が、わずか17,000ドルという低予算で製作した異色の“マッド・マックス”青春映画『ベルフラワー』(Bellflower)。 この作品で音楽、編集、そしてプロデューサー担当として制作に携わっていたジョナサン…

ジェイソンは今でもクリスタル・レイクのキャンプ場にいる!『13日の金曜日』愛好家が製作する『NEVER HIKE ALONE』というファン・フィルム。

皆さんは『13日の金曜日』(Friday The 13th)という映画をご存知だろうか? 2016年の文部科学省調べによれば、日本国民のおよそ97%が映画『13日の金曜日』を知っていると答えている。 Friday the 13th: Complete Collection [Blu-ray] [Import] 出版社/メ…

ルパート・サンダースの『ゴースト・イン・ザ・シェル』、新たなプロモーション・ヴィジュアルが公開。

2017年4月7日の日本公開が決定している、士郎正宗の『攻殻機動隊』を原作とした実写版映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(Ghost in the Shell)。 個人的には期待と不安が入り乱れながら、やや不安優勢のままではある・・・。 このウェブログでも何度か取…

その恐怖はカタチを変えて具現化する、心に闇を抱えた少女を描く短編作品『SORICE』。

今日鑑賞した短編作品に、こんな言葉が出てきた。 「Fear is the reality you create」 “恐怖”とは自分自身が創り出す現実である、つまり現実の恐怖というものは、自らの恐怖心が現実世界にまさに恐怖という“モノ”として出現した姿だということ、もしくは恐…

貞子ならぬサマラがTVから出てきちゃう、『RINGS』の悪戯プロモーション。

以前にもこのウェブログでちょっとだけ触れたのだけれど、かの有名なジャパニーズ・ホラー映画『リング』のハリウッド・リメイク版のさらにリブート作品『Rings』が、この2017年2月3日に公開となる。 当初の公開予定は昨年2016年のハロウィン時期だったと記…

遂に正式タイトル決定、『スター・ウォーズ: ザ・ラスト・ジェダイ』(Star Wars: The Last Jedi)は2017年12月15日公開予定!

2017年12月15日に公開を予定している『スター・ウォーズ』の最新作、本筋のナンバリングでいくと“エピソード8”にあたる作品の正式なタイトルが、遂に決定したようである。 imagesource : http://www.starwars.com/ StarWars.comによれば、正式タイトルは『St…

ぼく“トランプ”がいいよ、と息子にせがまれた母の奮闘を描く『LA MADRE BUENA』。

遂にアメリカ合衆国大統領にドナルド・トランプ(Donald John Trump)が就任した。 就任式の日には、大規模な抗議デモが行われたり、デモがエスカレートしすぎて暴動に発展したりと、早くも暗雲立ち込める嵐の幕開けだったようであるが・・・。 このウェブロ…

謎のホラー映画『GRIM NIGHT』は、本当にお蔵入りになったのか?

「お蔵入り」という言葉がある。 もちろん意外と日常的によく耳にする言葉なので、ご存じの方も多いと思う。予定あるいは計画されていた事柄が、何らかの諸事情によって中止になったり無くなったりして、世間の目に触れないまま終焉を迎える状況をさす言葉で…

少女が落ちてゆく不気味なおとぎ話の世界『AMERICAN FABLE』、果たしてそれは現実なのか。

子供の頃の記憶の中にある、あれは果たして本当にあった出来事なのだろうか?と疑問符が上がる不思議な思い出って、誰しも持っていると思う。 ぼくの頭の中にも、幼き頃の意味不明で怪しげな思い出が数多く詰まっている。 よく言われるのが、子供の頃の記憶…

『ツイン・ピークス』でもお馴染みの俳優ミゲル・フェラー、新シーズン放送前に61歳で死去。

今日は朝から少し悲しい知らせを耳にした。 俳優のミゲル・ホセ・フェラー(Miguel José Ferrer)が現地時間の2017年1月19日、61歳であの世に旅立ったとのこと、ガンとの闘病中だったそうである。 ミゲル・フェラーと言えば、何と言ってもポール・バーホーベ…

ジョン・カーペンターでしょ!?と叫びたくなる、『JOHN THE CARPENTER』という短編ホラー映画。

ぼくの敬愛する映画監督のひとり、アメリカ映画界の鬼才、そして“レジェンド”とも呼ばれている、ジョン・ハワード・カーペンター(John Howard Carpenter)。 タイトルからすると、もちろん彼に関係のある内容に触れると思うかも知れないが、今回取り上げる…

遂に本格的な予告編公開!チャウ・シンチー&ツイ・ハークの『西遊 伏妖篇』(Journey to the West 2: Demon Chapter)

チャウ・シンチー(周 星馳、Stephen Chow)の監督した『西遊記〜はじまりのはじまり〜』(西遊 降魔篇)の続編、『西遊 伏妖篇』(Journey to the West 2: Demon Chapter)の正式な予告編が遂に公開となったようである。 image source : HKCinema - YouTube…

純愛だけどロリータ・コンプレックスなリュック・ベッソンの名作『レオン』、続編作ったらいいのになあ。

昨日の夜、お酒を飲みながらリュック・ベッソンの『レオン』(Léon、The Professional)を観返したので、暇つぶしに『レオン』アートを制作してみた。 ぼくは公開当時に映画館で鑑賞したのだが、日本公開時のキャッチコピー「凶暴な純愛」ってのはいまいちだ…

ドリュー・バリモア主演のNETFLIX最新ゾンビドラマ、奥様はアンデッドな『SANTA CLARITA DIET』。

ドリュー・バリモア(Drew Blythe Barrymore)主演のNETFLIX最新ドラマは、現在爆進中の『ウォーキング・デッド』(The Walking Dead)に便乗してかどうかは知らないが、ゾンビものらしい。 image source : Netflix US & Canada - YouTube タイトルは『Santa…

邪悪とはいったい何か?子供の邪悪な実験願望を描いた『The Experiment 惡童實驗』。

幼い子供たちが想像していることって、実は大人が考えているよりもずっとずっと邪悪なことだと思うことがある。 つまり、人によってはある時期に失ってしまう純粋さというものの中の大きな部分は、言葉で言うなら邪悪という類のものだということ。純粋という…

掻いちゃダメ!恥ずかしがり屋のオオカミの女の子が落ちてゆく、深くて恐ろしいカユミの世界『THE ITCHING』。

子供の頃、蚊に刺されて、痒くて痒く掻き毟って、トンデモナイことになったことってあるでしょ。 誰かが皮膚を掻いているのを見てると、なんだか無性に体が痒くなるってこともあるでしょ。 カユミって、大人になった今でも我慢するのがけっこうしんどい。で…

デビッド・ハッセルホフとかマシュマロマンとか、ポップカルチャーを詰め込んだAT&Tの「DIRECTV」TVコマーシャル。

インターネット接続や映像配信サービスなども提供するアメリカ最大手の電話会社AT&T Inc.(エイティ・アンド・ティ)が公開しているデータ・フリーの「DIRECTV」のTVコマーシャルがなかなかおもしろいので取り上げてみる。 ちなみに社名のAT&Tとは旧社名であ…

圧倒的なパワーを持つ『ドラゴンボールZ』のOP再現動画、これこそまさにファンメイド。

YouTubeを筆頭とする動画サイトの登場により、現在では自主制作の映画やアニメーションを誰でも手軽に世界に向けて配信することが可能となった。そして、そういったオリジナルの短編映画やアニメーションと並んでよく見かけるのが、商業ベースのメジャー作品…

あれから25年7ヶ月と3日、再びFBI特別捜査官デイル・クーパーが『ツイン・ピークス』に戻ってくる。

ついにデヴィッド・リンチの『ツイン・ピークス』(Twin Peaks)新シーズンが動きを見せはじめた2017年。 エピソードの初回放送日が2017年5月21日との発表がなされてからすぐに、今度は新たなティザー映像が公開されている。 関連記事:デヴィッド・リンチの…

『ポケモンGO』をプレイしているのは地球人だけじゃない、凶悪な狩猟異星人がポケモンをゲットする『Pokémon GONE - Gotta kill 'em all!』。

昨年、良くも悪くも大いに話題となった『ポケモンGO』(Pokémon GO)。 このウェブログでも時々話題に取り上げたり、ポケモンGOをコンセプトに物語を書いたりしてみたことが懐かしく思い出される。 ポケモン関連の記事を以下にいくつか挙げておくので、また…

NETFLIX最新作、サイバーパンク的能力の解放を描く『iBOY』、青年の脳内にはスマートフォンの欠片が。

先日某都市伝説番組で、人間の脳内への特殊なチップ埋め込みが現在急ピッチで進行しつつあるという話をしていた。 ずいぶん昔からSF映画やSF小説で描かれているように、人間はいずれ肉体と精神という枠組みを解き放ち、何らかの人為的な進化形態として異形の…

『ローグ・ワン』3.75インチ・フィギュア情報、ついにマッツ・ミケルセン演じるゲイレン・ウォルトン・アーソ発売!

まだ正式なリリース発表ではないようだが、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)におけるハズブロ社製3.75インチ・アクションフィギュア・シリーズにて、ついにマッツ・ミケルセン演じるゲイレン・ウォルトン・ア…

ベジタリアンの彼女の中に芽生える禁忌の肉の味、カニバリズム・ホラー映画『RAW』。

開高健の食談『最後の晩餐』の“最後”の数十頁を飾る晩餐の話は、中華料理でもフランス料理でも、もちろん日本料理でもなく、人肉嗜好の話である。 昨今ではあまり日常的な話題ではないのが、人肉嗜好とは英語圏でカニバリズム(Cannibalism)とかアントロポ…

女流監督だけで描かれるホラー・アンソロジー映画『XX』、女性にしか表現できない恐怖がそこにある。

「Magnet Releasing」が放つ、女流監督だけのホラー・アンソロジー映画『XX』。 image source : https://www.facebook.com/xxfilm/ 四話構成からなる本作品のそれぞれの監督を担うのは以下の四名。 『ガールファイト』(Girlfight)で知られるブルックリン出…

映画制作会社「A24」の公開したタイトルのない謎のティザー映像、『BEYOND REALITY』あるいは『LIVE BEYOND』。

映画制作会社「A24」のYouTubeチャンネルに、タイトルのない謎のティザー映像が公開されている。 説明にはただ一言、「In our near future.」とだけ記されている。 同制作会社は近年、『Moonlight』、『20th Century Women』、『The Lovers』、『Free Fire』…

デヴィッド・リンチの高純度ヘロイン・バージョン、『ツイン・ピークス』新シーズンはクーパー捜査官のオデッセイである。

ついに、デヴィッド・リンチ(David Keith Lynch)の『ツイン・ピークス』(Twin Peaks)新シーズン、初回放送日が発表された。 image source : http://emreunayli.com/ ちなみにこちらのポスターはオフィシャルではないようだが、Emre Unayliさんによるアー…

惑星植民地化の不条理性と無意識世界、目眩くイマジメーションが織りなす『SCAVENGERS』。

「スカベンジャー」(Scavenger)という言葉がある。 個人的には、核戦争で荒廃後のアメリカを描いた某人気ゲームで聞き覚えのある言葉なので、何となくの意味は知っている。 辞書で調べてみると以下のような意味が載っている。 ・清掃動物、腐食性動物:ハ…

『ホーム・アローン』は果たしてコメディ映画なのか?『HOME ALONE WITH BLOOD』という試み。

ふと気が付くと、最近はコメディ映画ってものをとんと観ていない。 子供の頃はアメリカのコメディ映画が好きでよく観ていた気がするのだが、大人になってからは意識的にかあるいは無意識にか知らないけれど、鑑賞の選択肢として純然たる喜劇としてのコメディ…

大友克洋の『AKIRA』を匂わせるSF短編アニメーション、『POWER HUNGRY』。

ずいぶん昔の話だが、ぼくは海外輸入専門の映像ソフトを取り扱う店で働いていたことがある。 店の雰囲気をイメージで言うと、トニー・スコットが監督、そして脚本をクエンティン・タランティーノが手掛けていた『トゥルー・ロマンス』(True Romance)で、ク…

『パルプ・フィクション』の最強メシ、ビッグ・カフナ・バーガーの作り方。

映画の良し悪しの基準としてぼくがもっとも重要だと考えるのが、映画の中に出てくる“メシ”、つまり食事シーンだったり、食事そのものだったりする。 劇中に登場する食事の風景がたまらなく美味しそうな映画は、大抵は優れた作品である。 関連記事:映画-映画…

意識と飢餓の間に立つ少女の物語、謎の菌により人々がゾンビ症と化した近未来を描いた映画『THE GIRL WITH ALL THE GIFTS』。

ここ一年ほどかな、インターネットで調べることと言えば、その日の天気と料理のレシピ、そして映画の情報くらいなのだが、それだけでも一日にパソコンを睨みつけている時間が膨大となり、時々ゲンナリする。 いっそのこと、こういう生活から開放されて、集合…

スクリーン・ジェムズの新作“スレンダーマン”映画、監督はシルヴァン・ホワイト。

「Deadline.com」の情報によれば、スクリーン・ジェムズ(Screen Gems)が製作する新作“スレンダーマン”映画の監督を、シルヴァン・ホワイト(Sylvain White)が担うことになったそうである。 image source : Beware the Slenderman (2016) - IMDb シルヴァ…

写真の中には別の世界がある、『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグによる短編ホラー『PICTURED』。

某レンタル店に映画ソフトを借りに行くと、新作コーナーに気になる映画が置かれていた。 このウェブログでも何度か触れている、デヴィッド・F・サンドバーグ監督の『ライト/オフ』(Lights Out)、ホラー界の新星と言われるジェームズ・ワン(James Wan)の…

邪悪な悪魔との戦いを描いた悪魔祓い映画、『THE COVENANT』(ザ・コヴナント)。

知り合いに“悪魔”が見えるという人物がいる。 もちろん自称なので、本人が見えると言っているだけで、本当かどうかは確認のしようがないが、幽霊とか妖怪とかではなく、あくまで悪魔が見えるらしい。 じゃあ悪魔とは何だよって話になるが、いわゆる西洋で神…

『A CURE FOR WELLNESS』の新たなプロモーション映像が公開、すぐに治療を受けましょう。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』(Pirates of the Caribbean)シリーズの監督としても知られているゴア・ヴァービンスキー(Gore Verbinski)の最新作、『A Cure for Wellness』(ア・キュア・フォー・ウェルネス)から最新のプロモーション映像が公開され…

『エイリアン: コヴナント』の様々な予告編バリエーション、『エイリアン』風とか『プロメテウス』風とか。

2016年のクリスマスに予告編が解禁となり、大いに話題となっているリドリー・スコットの最新作『エイリアン: コヴナント』(Alien: Covenant)。 image source : https://twitter.com/alienanthology 本作品は今さら言うまでもないが、1979年に公開された『…

ヒラリー・クリントンがエイリアンの子供を養子にし、カニエ・ウェストが銀河系大統領に立候補する近未来、360°VRで幕を開ける2017年。

2017年。 いつみた夢が初夢かという議論はさておき、不気味な初夢の内容をついさっきまで覚えていたが、今はすっかり忘れてしまった。昨夜眠る前に読んでいた黒魔術に関する本の内容が影響しているのかもしれない。 さて、2017年の初朝食をとる前に軽くジョ…

2017年に忍び寄るペニーワイズの影、2016年に全米を震え上がらせたピエロ騒動は終結したのか?

なんだかんだと心に大きな悩みや闇を抱えつつ、しかし基本的にスーパー・ポジティブだからくじけたり泣いたりしないぼくの2016年も、あっという間のスーパーマンで、そろそろ終わりを迎えようとしている。 やるべきことあれどやらず、考えるべきことあれど考…

『2016』、今年はまさにホラー映画。

「もし明日世界が終わるなら、きみは何がしたい?」 時々そんな質問が街を漂っていることがある。 荻上直子の『かもめ食堂』の中でも、たしか同じような質問が出てくるシーンがあった気がする。 かもめ食堂 [DVD] ぼくなら、何がしたいだろうかと考える。 た…

呼び出してはいけない西洋コックリさん、『DON’T MOVE』に隠された邪悪な遊戯の玉手箱。

今年もあと二日、とは言っても正直、ぼく自身は近年、今年も来年も、今日も明日も、今この刹那も一秒後も、ある意味ではすべてひとつの連続的なヒトベタのものにしか思えなくなってきている。 生きるとか死ぬとか、そういうものの先にある何かをもう少し見極…

ベッドの下に何かがいる恐怖、『UNDER THE BED』の深淵。

このウェブログでつい先程取り上げた仮想現実的短編ホラー映画『NightmARes』。 関連記事:その恐怖はリアル?バーチャル?、ヘッドセットが誘う仮想現実ホラー『NightmARes』。 作品を監督しているジェームズ・マンセル(James Mansell)さんの他の作品をぼ…

その恐怖はリアル?バーチャル?、ヘッドセットが誘う仮想現実ホラー『NightmARes』。

バーチャル・リアリティ(Virtual Reality)、略してVR。 実際には存在しない環境を、人間の五感を含む感覚を刺激することによって知覚させる、あるいは作り出す技術およびその体系のことを指す言葉である。 日本語では「人工現実感」とか「仮想現実」とか言…

さようならキャリー・フィッシャー、そしてありがとう。

現地時間の2016年12月27日、午前8時55分、アメリカの女優であり脚本家でもあったキャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)がこの世を去ったと聞いた。 image source : Star Wars - YouTube ロンドンで行われた自身の著作『The Princess Diarist』のプロモー…

年末年始も、サウロンの目がおまえを見ているぞ!『Eye of Sauron Yule Log Five Hours』

2016年も残りあとわずか、ちょっとよそ見をしている内にクリスマスイヴもクリスマスもサンタクロースも、ざざざっと通り過ぎていった。 まあぼく個人としては、特に何の変哲もない日々を恙無く送っただけの二日間。イエスの誕生日当日は、わけもなくプレゼン…

『スター・ウォーズ vs エイリアンズ』、銀河帝国軍とゼノモーフたちの戦いを描いた迫力のファンアート。

2016年12月25日のクリスマスに、満を持して遂に予告編が公開されて大きな話題となっているリドリー・スコット(Sir Ridley Scott)監督の最新作『エイリアン: コヴナント』(Alien: Covenant)。 もちろんこのウェブログでもいち早く予告編の話題は取り上げ…

メリークリスマス、遂に公開された『エイリアン: コヴナント』の予告編!

2016年クリスマス当日の今日の午前中に、リドリー・スコットの『エイリアン: コヴナント』(Alien: Covenant)待望の予告編が明日公開らしいよという話題をこのウェブログで取り上げたのだが・・・。 関連記事:リドリー・スコットの『エイリアン: コヴナン…

リドリー・スコットの『エイリアン: コヴナント』、遂に予告編が明日公開!という予告編のティザーが公開。

きょうはクリスマスだけれど、特にこれといって何も特別なことはしない一日が幕を開ける。 今日やるべきことは、映画のDVDが詰まった棚の掃除と、トイレ掃除。ぼくの家には煙突がないからサンタクロースは来ないと思うし、ツリーも飾らないし、特別なパーテ…

クリスマス・イヴはファミコンで『ホーム・アローン』、ノーウッド・チーク監督による8ビット・シネマ最新作。

というわけで、天皇誕生日からのクリスマスイヴ。 日本人であれば本来12月23日に誕生日の方を大いに祝うべきであり、あまり馴染みのない見ず知らずのイエスの誕生日前夜祭や誕生日にバカ騒ぎをするべきではないという感もある。まあ実際にはイエス・キリスト…

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly