読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

映画-ドキュメンタリー映画

ニュージーランド最大最恐のお化け屋敷を描いたドキュメンタリー映画『SPOOKERS』、そこにあるのは単なる恐怖だけではないのだ。

ここしばらく、遊園地って場所に足を踏み入れていない。最後に行ったのは確か東京ディズニーランドだったと思うけれど、もうずいぶん昔のことだなあ。 子供の頃にはけっこう頻繁に、いや頻繁と言っても近所に遊園地があったわけではないのだけれど、両親が仕…

未来の人間があの施設を発見した時、宗教的な意味にとるかもしれません -『100,000年後の安全』(Into Eternity)

ぼくが現在暮らしている町には、原子力発電所がある。 日本で唯一、県庁所在地にある原子力発電所で、実に徒歩圏内に原発が建っている。 東京都で言えば、東京湾岸、例えばお台場に原子力発電所が建っているイメージで、東京都庁からお台場までの距離的な面…

『血塗られた携帯電話』(Blood in the Mobile)

「血塗られた携帯電話 Blood in the Mobile」というドキュメンタリーを観た。 Blood in the Mobile: Mining in the Congo - Educational Version with PPR メディア: DVD この商品を含むブログを見る 「アフリカのコンゴで残虐な行為を繰り返してきた武装グ…