ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

小説-カクヨム

幽霊だって進化する。- カクヨム『未来肝試し』投稿編 -[其の弐]

このウェブログでは、主に三種類の物語の欠片を時々したためている。 吸血鬼の物語、雪男の物語、それ以外の短い物語。 まあどれも構想の段階なので、特に前者ふたつに関しては時系列でつながっているわけでもないし、話の整合性もあまり考えずに、あるいは…

冷やし中華をはじめる前に、「カクヨム」はじめます。-『吸血』投稿編 -[其の壱]

このウェブログで、時々小さな物語の欠片やら構想やらをちょっとずつちょっとずつ書いていたりする。 そんな折、KADOKAWAとはてなが共同で立ち上げた新しい小説投稿サイト『カクヨム』なるものを知ったので、ちょっと使ってみることにする。 まずは手始めに…